家 本 政明 - 【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

政明 家 本 10代に患った病気や乱闘寸前の試合。家本政明はなぜ「審判」を志したのか

政明 家 本 Soccer D.B.

政明 家 本 家本政明とは?気になる家本政明の最新の情報から解決。

家本政明が、主審を続ける理由。「ときには、嫌われる勇気」

政明 家 本 「家本」(いえもと /

政明 家 本 家本政明の真実(自叙伝編)|いえぽん@日本で1番ワクワクする試合を創るプロ審判|note

家本政明氏「審判も生活をかけている」半永久追放の1戦から、サッカー国際主審になるまで

政明 家 本 【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

政明 家 本 家本政明

政明 家 本 「審判として数え切れない批判を受け続けてきた」――サッカーの聖地で日本人初の主審を経験・家本政明インタビュー<前編>

家本政明とは (イエモトマサアキとは) [単語記事]

政明 家 本 「家本」(いえもと /

政明 家 本 「家本」(いえもと /

家本政明とは (イエモトマサアキとは) [単語記事]

家本政明が、主審を続ける理由。「ときには、嫌われる勇気」

選手としてサッカーを断念してから、大学に通いながらカイロプラクティックの専門学校に行き、卒業後の進路はいくつかの選択肢から、今の京都サンガに入社することにしました。

  • 守ってあげなければ」と事実確認の上で抗議する考えを明かした。

家本政明氏「審判も生活をかけている」半永久追放の1戦から、サッカー国際主審になるまで

一度気持ちが完全に崩壊した時があったのですが、そのときは「あなたがしたいようにしてね。

  • こうして誇りに思っている審判という職業を、今も続けさせていただいていることにすべての人に感謝の気持ちを持って1試合1試合を担当しています。

「人違い退場」事件後に気付いた「やめること」の大切さ “日本一嫌われた”家本政明が綴る審判人生

0 第四審判 全て 12試合 種類 ホーム アウェー 合計 ホーム平均 アウェー平均 平均 得点 19 14 33 1. この時の経験は今も、僕が 審判をする時の判断の拠り所 になっています。

  • 在学中に企業研修の講師やスポーツイベントのゲストスピーカーを務めるなど、その活動は多岐に渡る。

「僕はやっていない」退場者誤認は明らか…家本主審の“大誤審”町田は口頭意見

これまで国際舞台やJリーグのピッチに立ち、多くの試合を裁いてきた家本政明。

  • ただ、クラブ側の事情もあり、あまり審判に重きを置けない状況でもあったんです。

家本主審の見事なジャッジとそれを支えたNHKの中継

経験豊富なレフェリングが評価され、2010年5月、サッカーの聖地ウェンブリースタジアムで日本人として初めて主審を務める。

  • 僕の判定に対してある選手が激しく異議を示してきたので、イエローカードを出したんです。

【手記】“日本一嫌われた審判”家本政明が綴る半生 ゼロックス杯の悲劇「僕は評価と規則の奴隷」だった

しかし、クラブの方針で6年間は審判活動は行えず、クラブスタッフとしてチーム管理や試合運営の業務を担当した。

  • 「翌日のメディアは荒れるだろうな……」と。

「人違い退場」事件後に気付いた「やめること」の大切さ “日本一嫌われた”家本政明が綴る審判人生

どうぞ「日本一嫌われた審判」の審判人生を、楽しんでお読みいただけたらと思います。

  • 中澤涼• ウェンブリー・スタジアムでのイングランド対メキシコ戦は、僕にとって一生忘れることのできない貴重な経験となりました。

    関連記事



2021 www.dfe.millenium.inf.br